ホーム > 生活 > ハウスクリーニング(ハウスダスト)に挑んだ者達

ハウスクリーニング(ハウスダスト)に挑んだ者達

ハウスクリーニングの大御所といえば大阪に本社を構える設立当初は株式会社ぞうきんと呼ばれそうになったあの会社だと思います。その名前を挙げれば日本では知らない人がいないほどの知名度になる商品はどのようにして作れたのでしょうか?

それまでのハウスクリーニングは掃く、拭く、捨てるが中心でした、そんな袋小路の意識の中に登場したのがダストコントロールシステムでした。アメリカではダストコントロール機能を持ったスーツを使用することにより院内感染を減少させ、その技術で特許を取りました。日本では、その技術をつかい雑巾絞りという作業から主婦を開放したのでした。

この様にお掃除の道具も必要ですが、それらの道具をうまく使いこなせるかどうかが一番の課題となります。大阪・堺市にハウスクリーニング・ワンという個人の会社が存在します。上記の様に大手も悪くはないですが、やはりこのようなサービスはマンパワーです。個人のサービスマンの技量が低いとクオリティーが格段に落ちるのです。

この会社は、口コミも多く、代表自らがサービスを担当するので、仕上がりにばらつきはありません。
一度、個人のサービスマンに依頼してみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. 妊娠を考えているなら食事はしっかりと摂取する

    妊娠を考えているなら食事はしっかりと摂取することが望ましいといわれています。中で...

  2. ハウスクリーニング(ハウスダスト)に挑んだ者達

    ハウスクリーニングの大御所といえば大阪に本社を構える設立当初は株式会社ぞうきんと...